敏感肌に適したクレンジングの選び方と使い方

肌荒れのない健康な肌はクレンジング選びから始まります!

 

敏感肌は、クレンジングによる「こすりすぎ」や「落とし過ぎ」が原因で起こることも多い症状。(参照:敏感肌の原因と治し方

 

肌なじみが悪く、メイク落としに時間がかかったり、必要な皮脂まで落とし過ぎたりするクレンジングは、敏感肌の症状を悪化させる要因となることもあります。

 

逆を言えば、「自分に合ったクレンジングを選び、正しく使う」だけで、意外にあっさり肌のコンディションが整うことも。

 

敏感肌を改善し、健康できれいな肌を手に入れるためにも、まずクレンジングについてしっかり理解を深めておきましょう。

 

クレンジングを選ぶ前の基礎知識

 

そもそもクレンジングは何からできているかというと、主には「油性成分」と「界面活性剤」。

 

それに水などのプラスアルファが加わり、その配合バランスによって、リキッドタイプやオイルタイプ、クリームタイプと、様々な種類に分かれます。

 

ちなみに、タイプ別の「洗浄力の強さ」と「肌への負担度」は以下の図のとおり。

 

 

一般的に、界面活性剤が多く配合されているクレンジングほど洗浄力が高く、肌の負担も大きいと言われています。

 

 

 

 

 

クレンジングでキレイな肌に!敏感肌に適したクレンジングを見極める3つのポイント

 

油性成分が配合されていること

 

敏感肌で肌の調子が悪いとき、メイク落としも素早くパパッと済ませてしまいたいもの。

 

メイクは油分でできているので、油性成分が配合されているクレンジングを使うと、肌をこすらず手早く落とすことができます。

 

クレンジングは何からできているかというと、主には「油性成分」と「界面活性剤」。

 

それに水などのプラスアルファで作られていて、その配合バランスによって、リキッドタイプやオイルタイプ、クリームタイプと、様々な種類に分かれます。

 

一般的に、界面活性剤が多く含まれるクレンジングは肌に負担が大きく、敏感肌には向かないと言われています。

 

ちなみに、タイプ別の「洗浄力の強さ」と「肌への負担度」は以下の図のとおり。

 

 

この中でも、油性成分をほとんど含まないクレンジングは、ジェル・キッドタイプやシートタイプ。

 

 

 

 

 

 

 

敏感肌で肌の調子が悪いときって、刺激が怖いし、なるべく肌に触りたくないですよね。

 

なので、メイク落としも素早くパパッと済ませてしまいたいもの。

 

 

 

 

 

 

それなら、ちょっと濃いメイクでもすぐになじんでスルっと落ちる、油分多めのオイルタイプクレンジングが一番です。

 

でも、きっとそこで思われるはず。

 

クレンジングオイルって刺激が強いし、敏感肌には使えないんじゃないの?

 

そうですよね。

 

一般的にオイルタイプのクレンジングは、洗浄力は強いけれど、界面活性剤の配合量が多く、肌への負担が大きいため、敏感肌には向かないと言われています。

 

ただ、それは「ミネラルオイル」、「エステル系オイル」を主成分にしたクレンジングオイルのこと。

 

実は、オイルタイプのクレンジングにはもう一つ、「油脂系オイルを使ったクレンジングというのがあります。

 

では、以下の図を見てください。

 

 

これはクレンジングのタイプ別「洗浄力の強さ」と「肌への負担度」を表したものです。

 

油脂系オイルを主成分にしたクレンジングは、洗浄力は強いのに肌への負担は一番低いことが分かります。

 

そもそも、油脂系オイルというのは何かというと、コメヌカ油やアルガンオイルなどの植物系のオイルのこと。

 

オイル自体に洗浄力があるため、油脂系オイルで作られたクレンジング料は、界面活性剤の配合量が少なく、そのため肌への負担も少ないと言われています。

 

また、油脂系オイルのクレンジングは、基本的にW洗顔も不要

 

人の皮脂と同じ性質をしているため、多少肌に残ったとしても皮脂と同様の保湿効果を発揮してくれます。

 

摩擦による刺激を抑え、皮脂を落とし過ぎることがないという点で、油脂系オイルのクレンジングは敏感肌にとって最適なクレンジングと言えます。

 

無理のない出費でケチらずたっぷり使える価格

 

前項で、油脂系オイルのクレンジングは敏感肌に最適とご紹介しました。

 

ただし、このタイプのクレンジング料は、通常、美容オイルに使われるような成分を使っているため、若干価格が高いのがデメリット

 

 

 

そこで、もうちょっとコストを抑えたいという方におすすめなのが「クリームクレンジング」です。

 

クリームクレンジングは、洗浄力も中程度で、配合されている油分も適度な量。

 

成分の配合バランスに優れていて、皮脂を取り過ぎずにメイクを落とせるので、敏感肌にも適しています。

 

ただ、テクスチャや使い心地の点でメーカーによって多少ばらつきがあります。

 

口コミや配合成分をしっかりチェックしたり、トライアルで試してから購入することをおすすめします。

 

 

 

クレンジングには、オイルタイプやミルクタイプなど、様々な種類がありますが、

 

特に、敏感肌の方は、クレンジングで皮脂を落とし過ぎると、水分を肌内にため込むことができなくなり、症状が悪化することもあります。

 

健康な肌状態に回復させていくためにも、まず自分がふだん使っているファンデーションやメイクの度合いに合わせて、「洗浄力が弱めの敏感肌クレンジング」を選び、落とし過ぎない「ゆるクレンジング」を行うことが大切です。

 

ファンデ別敏感肌クレンジングの基本的な選び方

 

  • BBクリームやCCクリーム、リキッドファンデーションを使っている
    ・・・油脂系オイルクレンジング、クリームクレンジング
  •  

  • パウダーファンデーションを使っている
    ・・・クリームクレンジング、ジェルクレンジング
  •  

  • フェイスパウダーのみを使っている
    ・・・ミルククレンジング

 

こちらでは、洗浄力が弱くても、メイクの油分となじみがよく、肌に負担がなく汚れが落とせる敏感肌クレンジングをランキング形式でご紹介します。

 

ご自分のふだん使っているファンデーションやメイクの度合いに合わせて選び、必要な皮脂や水分を落とし過ぎないクレンジングを行っていきましょう!

 

敏感肌クレンジングおすすめランキング

つつむジェントルクレンジングの特徴
つつむジェントルクレンジングは、敏感肌ブランド、ディセンシアから発売されているクリームタイプの敏感肌クレンジングです。

軽く指先でくるくるすると、メイクの油分がクリームとなじみ、オイル状に変化。必要な皮脂まで落とし過ぎることがないので、洗い上がりはしっとり潤いのある肌に仕上がります。

肌が弱っている敏感肌をいたわりながら角質保護もしてくれる、敏感肌に最適なクレンジング料です。
価格
2,376
評価
評価5
備考
トライアル1,470円
30日間返金保証付き
塗れた手×
W洗顔要
つつむジェントルクレンジングの総評
  • BBクリームやCCクリーム、リキッドファンデをお使いでナチュラルメイクの方
  • パウダーファンデをお使いの方
  • 洗顔後の乾燥が気になる方
  • 肌のかさつきがひどい方

リ・ダーマラボ モイストゲルクレンジングの特徴
リ・ダーマラボのモイストゲルクレンジングは、肌に刺激を与える成分を排除した、敏感肌でも安心して使えるジェルクレンジング。99.3%、美容液成分で作られた美容液クレンジングです。

皮膚を傷つけないこんにゃくスクラブが肌表面や毛穴に残った汚れを絡め取ってくれるので、毛穴のお悩みをお持ちの方にもおすすめ。

W洗顔不要で肌を摩擦する回数も減らせるため、弱った敏感肌にも適しています。
価格
3,076
評価
評価4.5
備考
14日間返金保証付き
塗れた手○
W洗顔不要
まつエク○
リ・ダーマラボ モイストゲルクレンジングの総評
  • パウダーファンデーションをお使いの方
  • ナチュラルメイクの方
  • 毛穴の開きや黒ずみが気になる方
  • 肌のごわつきやくすみが気になる方

ラウディ ゼロタイムクレンジングの特徴
ラウディゼロタイムクレンジングは、オリーブオイル、コメヌカオイル、ベニバナオイルといった生オイルを使った油脂系のオイルクレンジング。

一般的な鉱物油を使ったオイルクレンジングと違って肌に負担が少なく、敏感肌でも安心して使えます。

純度が高いオイルなので、W洗顔しなくてもべたつきが残らず、肌はしっとり。肌を傷めず、濃いメイクもしっかり落とせます。
価格
初回1,685
評価
評価4
備考
30日間返金保証付き
塗れた手○
W洗顔不要
まつエク○
ラウディ ゼロタイムクレンジングの総評
  • BBクリームやCCクリーム、リキッドファンデをお使いの方
  • 濃いめのメイクをされる方
  • ポツポツとした毛穴が気になる方

ヒフミド マイルドクレンジングの特徴
ヒフミドのマイルドクレンジングは、敏感な肌に積極的に補いたいヒト型セラミドを配合したミルクタイプの敏感肌クレンジング。

こっくりした濃いミルクがなめらかに肌全体になじみ、皮膚に刺激を与えることなく、メイク汚れを落としてくれるクレンジング料です。

スティンギングテスト済みで、ピリピリ感もなく、どんなクレンジングを使っても刺激を感じてしまうという方におすすめです。
価格
トライアル980
評価
評価4
備考
濡れた手×
W洗顔要
ヒフミド マイルドクレンジングの総評
  • パウダーファンデをお使いの方
  • 肌が弱っていてフェイスパウダーしか使えない方
  • ふだんからごく薄いメイクをしている方

NOVV クレンジングクリームの特徴
NOVVのクレンジングクリームは、肌への刺激や肌荒れ、乾燥が気になる方のために開発されたクリームタイプの敏感肌クレンジングです。

肌への負担を極力軽減し、メイクや皮脂汚れをしっかり除去しながら、うるおいもキープ。

抗炎症成分配合で、今ある炎症をしずめてくれる効果もある医薬部外品のクレンジング料です。
価格
3,780
評価
評価4
備考
トライアル1,620円
塗れた手×
W洗顔要
NOVV クレンジングクリームの総評
  • BBクリームやCCクリーム、リキッドファンデをお使いでナチュラルメイクの方
  • パウダーファンデをお使いの方
  • 肌への刺激を強く感じている方
  • 肌荒れが気になる方

 

敏感肌クレンジングを選ぶポイント

クリーム系やリキッド系のファンデーションにはオイルクレンジングがおすすめ

 

当サイトでは、敏感肌にはパウダーファンデーションやフェイスパウダーをおすすめしています(参照:ファンデーションの選び方)。

 

ただ、最近は肌の刺激となる成分を排除した、BBクリームやCCクリーム、リキッドタイプの美容液ファンデーションなんかも最近は増えてきたせいで、少ししっとり感のあるクリーム系やリキッド系のファンデーションをお使いの方も多いかと思います。

 

そんな方におすすめのクレンジングは、やはり油分となじみやすいオイル系のクレンジング。

 

オイル系のクレンジングには、

  • ミネラルオイル(鉱物油)が主成分のもの
  • エステル系オイル(化学合成オイル)が主成分のもの
  • 油脂系オイル(植物系オイル)が主成分のもの

といった種類がありますが、敏感肌に適しているのは、肌に残らず、酸化しにくい「油脂系のオイルクレンジング」です。

 

 

油脂系のオイルクレンジングは、洗浄力は高い割に肌への負担はかなり低め。

 

そのため、肌に密着度の高いクリーム系、リキッド系のファンデーションでも、少しなじませるだけで、肌を刺激することなく、さっと落とすことができます。

 

ただし、敏感肌でもニキビや吹き出物ができやすい方は、油脂系オイルクレンジングは要注意。

 

油脂系オイルは人の肌の皮脂に成分が似ているため、毛穴に詰まるとアクネ菌の増殖を促し、炎症を起こしやすくなります。

 

敏感肌でニキビができやすいという方は、パウダータイプのファンデーションに変え、油脂系オイル以外のクレンジングを使うことをおすすめします。

 

パウダーファンデーションには油分と水分のバランスがいいクリームタイプか乳白色のジェルクレンジング

 

クレンジング料には、シートやオイル、クリームやジェル、リキッド、ミルクと、様々な種類があり、種類によって界面活性剤の配合量が異なっているため、肌への負担の度合いも違います。

 

その中で、肌への負担が少なく、敏感肌に最も適していると言われるのが、界面活性剤の配合量がほどよい「クリームクレンジング」と、「乳白色のジェルクレンジング」です。

 

 

クリームクレンジングは、湿度に弱いため、お風呂場で使えず、またW洗顔も必要といったデメリットもありますが、必要な皮脂を落とし過ぎず、適度な潤いを残してくれるので、乾燥しやすい敏感肌にはぴったりのクレンジングです。

 

ただ人によっては、洗い上がりのしっとり感が何となくべたつく感じがして苦手という方もいらっしゃいますよね。

 

そんな方には、乳白色のジェルクレンジングがおすすめ。

 

W洗顔不要で塗れた手で使えるものも多く、クリームクレンジングよりも洗い上がりの感触はさっぱりします。

 

敏感肌の方でも、頬や目元、口元はかさついているのに、Tゾーンだけはべたつくという方も多いと思いますが、そんな方にも乳白色のジェルクレンジングは適しています。

 

フェイスパウダーやミネラルファンデーションならミルクタイプかクレンジングなしでもOK

肌に刺激が強すぎてメイクがほとんどできない・・・だけど、外出しなければいけない・・・なんていうときに、下地にフェイスパウダーだけとか、ミネラルファンデだけとかいうときも、敏感肌の方には経験があると思います。

 

基本的に、ミネラルファンデの場合は洗顔だけで落とせるため、クレンジングは不要。

 

無理にクレンジング料を使う必要はありませんが、軽くアイメイクやチークをしていたりすると、洗顔料だけでは何となく気持ちが悪いということもありますよね。

 

その場合は、肌への負担が少ない「ミルククレンジング」がおすすめです。

 

ミルククレンジングは、他のクレンジングに比べて水分量が多く油分とのなじみが悪いのが特徴。

 

通常のメイクの場合、かえって肌を摩擦する危険性がありますが、フェイスパウダーやミネラルファンデで軽いメイクをしているときならミルククレンジングでも十分落とせます。

 

敏感肌クレンジングTOPに戻る