ファンデーションの選び方

敏感肌に適したファンデーションとは

敏感肌にはリキッドファンデーション?

敏感肌,治す,ファンデーション

 

乾燥しがちな敏感肌には、何となく水分のあるリキッドファンデーションがいいかな・・・なんて思っていませんか?

 

実は敏感肌にリキッドファンデーションは不向きです。

 

 

リキッドファンデーションは乳液状のものに顔料を混ぜて作られ、この顔料が分離しないように乳化剤(界面活性剤)が添加されていたり、水分で腐りやすいので防腐剤が多く使われていたりします。

 

敏感肌の方にとっては、こういった乳化剤や防腐剤がお肌への刺激となることがあります。

 

反面、パウダーファンデーションにはこういった添加物が少ないので、敏感肌にはパウダーファンデーションを選びましょう。

 

最近では、クレンジングを使わず洗顔料だけで落とせる、肌にいい天然の鉱物だけを使ったミネラルファンデーションもあり、敏感肌の方には刺激が少なくおすすめです。

 

敏感肌,治す,ファンデーション敏感肌用ファンデーションランキングはこちら

 

化粧下地はどんなものを選んだらいいの?

敏感肌,治す,ファンデーション

 

敏感肌には紫外線が大敵!

 

日焼け止めを兼ねた化粧下地をおすすめしたいところですが、この日焼け止めというのが敏感肌にとっては刺激が強いものが多いので、一番慎重に選びたいところです。

 

最近では敏感肌用と表示されているものが多いので、なるべくそういったラインから選んだほうが間違いありません。

 

美容液でしっかり保湿をしたら、日焼け止めを塗り、フェイスパウダーか、パウダーファンデーションをつけ、紫外線からお肌をしっかり守りましょう。

 

敏感肌,治す,ファンデーション敏感肌用日焼け止めの選び方はこちら

 

敏感肌用BBクリームも人気

 

敏感肌の方は、どうしても顔が黄色くくすみがちだと言われています。これがお肌が老けて見える原因です。

 

そこでくすみをカバーする敏感肌用BBクリームというのが売れています。

 

 

例えばポーラとオルビスが共同で開発したアヤナスの敏感肌用BBクリームは、UVカットはもちろん化粧下地にもなり、保湿してくれるだけでなく、シワやシミ、毛穴まで隠してくれるという1本で7役の優れもの。

 

上からパウダーをしてもいいですし、そのままでもナチュラルで明るい顔色になると人気が高いBBクリームです。

 

管理人も使っていますが、恐ろしく伸びがよく、1本で半年ぐらいはもちます。刺激は全くないので、お肌に合うファンデが見つからないという方、ぜひ使ってみてください。